GNG
頬骨縮小術

正面/45度/側面の
確実な縮小効果はもちろん、
咬筋の動きを予測した密着
固定で副作用を予防する

オンライン相談 症例写真

GNG 頬骨縮小術とは?

横の頬、45度の頬が発達している場合、横の頬と45度の頬を切り、それと同時に内側に回転させ、縮小させます。 前頬は、ボリュームを活かして、立体感のある童顔効果も出すことが出来ます。 内側に回転させる際に、咬筋の動きを予測し密着固定させながらより高い効果を感じることができます。

手術方法

  • 口内切開を通して前頬の一部をL字型に切除

    骨切りした骨を除去

  • 分離した頬骨を内側に回転させ配置

    境界面を柔らかく整え、固定ピンでしっかりと固定

GNG 頬骨縮小術長所

Point 1 正面/45度/側面最大縮小効果

頬骨縮小時、正面/45度/側面、全てを考慮し、手術を行うため、その角度から見ても確実な縮小効果を確認することが出来ます。
特に、前頬固定時、筋肉も一緒に引っ張るため、自然なリフティング効果も得ることができます。

Point 2 咬筋の動きを予測し、頬骨を密着固定するため、
陥没、頬が伸びてしまう、不対称等の副作用がほとんどない

  • 頬骨縮小術後、陥没、頬の伸び、不対称などの副作用が起きる理由は誤った固定から始まる場合が多いです。
    咬筋は上側の頬骨と、下あごの骨の間で繋がっており、私たちが食べ物を噛んだり、歯を食いしばったりするときに使う筋肉で、強い筋肉の収縮作用で頬を引き下げています。

    GNGでは、咬筋の動きを予測し、頬骨を固く固定するため、頬が外側や下側に移動するのを防ぎ、副作用がほとんどありません。

Point 3 左右対称を考慮した 3次元的な分析を通し、手術計画

頬骨は人それぞれ違う形をしているため、頬骨縮小時に骨の厚さや形、患者様の状態等によって正面/45度/側面部分を3次元的な分析を通し、手術計画を立て、美しい顔のラインを完成させます。

X-ray, 3D CTを通して、骨の厚さや形、皮膚状態等 3次元 分析

GNG 輪郭整形 1:1 専任システム運用

口腔外科専門医と整形外科専門医の診断で
相談から手術後の管理まで 1:1専任で管理いたします.

相談 3D-CT
X-ray
3D スキャナー

手術プラン 2D, 3D トレーシング
マウンティングシミュレーション
モデル手術

手術前 検診 50種類もの
安心整形
総合検診

手術中の安全管理 麻酔医学科
専門医の安全
麻酔システム

手術後腫れ管理 高圧酸素治療
腫れ管理