GNG
小鼻縮小

スッキリとした縫合で
傷跡の心配なく!
洗練された印象へ変化

オンライン相談 症例写真

GNG小鼻縮小とは?

  • 幅が広い小鼻は、鼻穴が大きいのはもちろん、鼻筋も低く見える印象を与えてしまいます。このような場合、小鼻縮小手術を通して伸びて見える小鼻の全体的な広がりを減らします。


    GNG小鼻縮小手術は、手術前に精密検査と専門医の診断を通して、個人別の顔のバランスに合うよう手術を行います。また、数多い手術経験とノウハウで切開部位を丁寧に縫合し、傷跡を防止するのも特徴です。

GNG小鼻縮小手術方法

  • 一般的な小鼻縮小術は、小鼻の幅だけを減らす場合が多いです。ですが個人によって鼻中と鼻穴の大きさが違うため、一括的な手術方法では満足のいく結果を得ることができません。


    GNGでは、患者の鼻の状態に合わせて一番理想的な比率を探し、小鼻縮小術を行うため、より完成度の高い手術結果を提供します。

  • 小鼻

    鼻柱

  • 切開法

    鼻柱の幅は正常だが鼻穴が大きい場合

    鼻穴が大きい場合に非切開法を行うと、再発の可能性が高くなります。この場合、切開法を利用し、不必要な皮膚を除去後、縫合します。 この際に傷跡を最小化させるため、小鼻と頬の境界に合わせ切開後精巧に縫合します。

    不必要な鼻の肉除去

    細かい切開で精巧に縫合
    傷跡を最小化

    • 切開法の
      特徴

    • 小鼻が過度に広い場合に効果的

      皮膚が厚くても改善可能

      鼻穴の大きさを自由自在に調節可能

  • 非切開法

    鼻穴は大きくないが、鼻柱が広い場合

    鼻穴は大きくないが、鼻柱が広い場合に無理に切開法を行うと、鼻穴がより小さくなり息をしづらくなる事があるため、このような場合は非切開法で鼻中と小鼻を一度に糸で結び、同時に幅を狭めます。

    鼻中と小鼻を一度に結びます。

    小鼻と鼻柱の幅を一度に減らせるのが長所

    • 非切開法の
      特徴

    • 小鼻と鼻柱の広がりを同時に改善可能

      切開しないため回復が早い

      鼻の穴を狭めないため鼻づまりの心配なし

      傷跡が残らない

GNG小鼻縮小の長所

  • 01

    1. 傷跡最小化

    小鼻縮小は縫合をきちんとしないと、傷跡が残る可能性が高くなります。GNG小鼻縮小は、数多い経験とノウハウを持っている専門医が小鼻と頬の境界線をきめ細かく縫合するため、手術後傷跡がほとんど残りません。

  • 02

    2. 理想的なライン完成

    GNGでは、小鼻縮小時に顔の全体的な比率を考慮し、顔に一番合う比率のラインを完成させます。また、必要時には鼻筋/鼻先整形等、複雑な手術を同時に行い、より完成度の高い手術を施行いたします。

GNG 精密分析

GNGでは、確かな技術と患者の安心性のため、鼻腔内視鏡、 総合検診、3D-CT 撮影を通して 精密検査を行います.

GNG小鼻縮小 おすすめ CASE

1 小鼻が広く、
顔が平べったく見える

2 傷跡の心配なく小鼻を
縮小したい場合

3 洗練された
印象へ変わりたい場合

4 顔に合う理想的なラインが
ほしい場合