GNG
まくれた鼻/
短い鼻整形

まくれた鼻/短い鼻
多様なケースごとに合わせた手術!

オンライン相談 症例写真

GNG まくれた鼻/短い鼻整形とは?

  • まくれた鼻/短い鼻は、鼻先がまくれ、上がっていたり、鼻自体が短い鼻のことを指します。

    GNGまくれた鼻/短い鼻整形は、精密分析を通して問題点を把握し、多様な手術方法の中で個人に合う手術法を計画します。また、経験とノウハウが多い専門医が執刀しながら、自分に一番似合う理想的な比率の鼻を完成させます。

  • まくれた鼻/短い鼻 診断

    まくれた鼻は側面から見たときに一般的な鼻よりも人中との角度が大きい場合のことを指します。また、正面から見たときに鼻穴の中が全て見える位に鼻先が上がっている豚鼻にように見えるのが特徴です。
    短い鼻は側面から見たときに、人中との角度は一般的な鼻と変わらないが、鼻自体が短く正面から見たときに鼻の比率が1/3以下を占めるのが特徴です。

GNG まくれた鼻/短い鼻整形手術方法

まくれた鼻と短い鼻は、ややこしい手術である分、精密分析を通して明確な診断とそれに合わせた手術法で問題点に接近しなければなりません。GNGまくれた鼻/短い鼻整形は、差別化した手術法を提示し患者の顔に合わせた理想的な比率を探します。

  • 01|鼻先延長術

    鼻自体が短い場合

    自家軟骨を利用し、支持台を長く作ったあと、鼻の長さがを伸ばし丈夫に固定します。

  • 02|鼻翼を下げる

    鼻穴がまくれ、上がっている場合

    鼻穴だけがまくれ、上がっている場合、上がっている鼻翼軟骨を下に下げ鼻の穴が見えないように矯正します。

  • 03|鼻先を下げる

    鼻先がまくれ上がっている場合

    鼻先が上がっている場合、鼻中隔軟骨を採取後前側に移植し丈夫に固定した後、鼻先を下げてあげます。

GNG まくれた鼻/短い鼻整形の長所

Point 1 理想的な比率を考慮し長さ拡張

  • まくれた鼻/短い鼻整形は、どのくらい自然に皮膚を伸ばしそれぞれの顔の形に合う理想的な比率を探すかがカギです。

    GNGでは、鼻の機能を考慮し鼻中隔軟骨の採取を最小に抑えながらも最大限に使用することができる高難度技術力を保有しており、自由自在に長さの拡張が可能です。この際、皮膚が不足する場合には自家皮膚移植を通して補充しながらより満足のいく結果を提供致します。

理想的な比率を考慮し鼻先を
十分に延長させる

GNGだけのノウハウ

Point 2 個人個人の状態別 支持台軟骨デザインで太さを調節し再発が少ないGNG まくれた鼻/短い鼻整形

まくれた鼻/短い鼻整形時、一番心配な部分が再発可能性ですが、これを防止する為には支持台軟骨が強力に固定されていなければなりません。その為にGNGでは、手術前精密検査を通し問題点を分析し、個人に合う太さを調節し、支持台をデザインするため維持力が強く、再発する確立がほとんどありません。

Point 3 鼻先に人工プロテーゼを使用せず、副作用最小化

  • まくれた鼻/短い鼻整形時、長さを伸ばすためにL字シリコンのような人工プロテーゼを使用せず、自家軟骨を使用するためより強力で、炎症の副作用もほとんどありません。

GNG 精密分析

GNGでは、確かな技術と患者の安心性のため、鼻腔内視鏡、 総合検診、3D-CT 撮影を通して 精密検査を行います.

GNG まくれた鼻/短い鼻整形 おすすめ CASE

1 鼻が丸く、顔の比率が
合わない場合

2 鼻先がまくれ上がり鼻の
穴が見える場合

3 鼻が短く鼻筋も低く
見える場合

4 鼻穴が上がり竜の
鼻のように見える場合