GNG
広い鼻整形

広い鼻筋を確実に
改善するのはもちろん、
鼻づまり手術まで行い完成度を高める

オンライン相談 症例写真

GNG 広い鼻整形とは?

  • 広い鼻は、幅が広く伸び、平たく見える鼻の事を指します。これを改善させるために一番根本的な問題点である骨の幅を減らさなければならない為、骨切り法を行うのですが、過度に幅を減らしすぎたり手術を失敗した場合、鼻づまりが起きる事があります。


    GNG広い鼻整形は、事前精密検査を通して息の通り道の幅を把握し、解剖学的構造を良く分かっている経験とノウハウが多い専門医が手術を執刀します。

[ 広い鼻整形の原理 ]

  • 下から見た模式図

    広い鼻の骨

  • 下から見た模式図

    骨切り後骨を寄せてスリムなライン完成

GNG 広い鼻整形の長所

Point 1 骨切り法で広い鼻を完璧に改善!

  • 広がった鼻の根本的な理由である広がった骨を改善せずにプロテーゼを入れた場合、プロテーゼと骨の幅が合わずむしろ屈曲が出来、プロテーゼを挿入したのが不自然にわかりやすくなることがあります。


    GNG広い鼻整形は、骨切り法を施行し、自然で美しい鼻のラインを作ります。また、必要時小鼻縮小、鼻先の軟骨を結ぶ、プロテーゼ挿入を通してより完璧なラインを提供します。

  • 根本的な解決を
    せずプロテーゼのみ挿入した場合

    プロテーゼが露出したり手術したことが分かる不自然な鼻

    骨切りで広い鼻の幅を減らした場合

    確実な効果、自然で理想的なライン完成

なぜGNGで骨切りなのか?
GNG骨切り幅寄せ法

骨切り幅寄せ法は、範囲によって、2種類の方法に分けられますが、それぞれ長所と短所が存在します。
GNGではそれぞれの長所、短所を補い、骨切りの範囲を広くし広がった鼻の改善を確実にし、
鼻づまり手術も一緒に行い鼻の息の通り道まで改善させるため、ずっと完成度の高い手術を行うことができます。

一般的な広い鼻整形 骨切り幅寄せ
二つの方法のうち一つだけを選択し骨切り施行

  • 骨切り範囲が広い場合

    広い鼻は改善されるが息の通り道が狭くなり鼻づまり発生確率が高い

    空気の通り道が狭く鼻づまり発生

  • 骨切り範囲が狭い場合

    息の通り道が広く、鼻づまり発生確率は低いが広い鼻の改善が未完全

    広い鼻改善不備

  • or

GNG 広い鼻整形 骨切り幅寄せ法
骨切り範囲を広くし鼻づまり手術も同時に施行し美容的/機能的により完璧に

  • 骨切り範囲を広く!

    広い鼻筋を確実に改善

  • 鼻づまり手術も同時に施行(ビベルブ矯正、鼻中隔湾曲症)

    息の通り道を広げる際に骨切り範囲が広く起きる事のある鼻づまり改善

  • +

理想的な鼻ラインの為!
必要時追加手術も一緒に施行

  • 01

    小鼻が広い場合 小鼻の皮膚除去

    小鼻が広い場合、小鼻の境界を切開した後、縫合して小さくします。

    除去

    縫合

  • 02

    鼻先が丸い場合 鼻先の軟骨を縛る

    丸く広がっている鼻先の鼻翼軟骨と鼻中隔軟骨を丈夫に結び、集めます。

    縫合

  • 03

    高さ改善 プロテーゼ挿入

    高さも一緒に出す場合、骨切り後プロテーゼを挿入し不足している高さを埋めます。

    プロテーゼ挿入

Point 2 鼻中隔湾曲症がある場合、同時に改善しより確実な効果期待!

骨切り幅寄せを通して、鼻筋を狭めた際に鼻中隔湾曲症がある場合広い鼻を狭めるのに限界があります。
GNGでは、鼻中隔湾曲症を解決した後、骨切り幅寄せを行うため、より満足のいく結果を提供できます。

骨切り時鼻中隔湾曲症も同時に改善はもちろん、
鼻筋、鼻先ラインも一緒に改善したいなら?

Point 3 手術前、鼻の外側と内側両方を考慮し、手術計画樹立

よく、広い鼻は鼻の内側も広いと考えている場合が多いのですが、そうとも限りません。
鼻の内部の空間は、外側と違う構造で成り立っているため、外見とは大きく関連性はありません。
その為、広い鼻と言っても手術前の検査を通して内部構造を良く把握し、手術計画を立て外側と内側全て完璧な手術を行います。

  • 3D-CTを通して鼻の外側と内側を分析

  • それぞれに合わせたデザイン及び手術

GNG 精密分析

GNGでは、確かな技術と患者の安心性のため、鼻腔内視鏡、 総合検診、3D-CT 撮影を通して 精密検査を行います.

GNG広い鼻整形 おすすめ CASE

1 鼻が広く丸く見える場合

2 自然な鼻を作りたい場合

3 広さと高さを一度に改善したい場合

4 機能的な部分と美容的な部分を一緒に改善したい場合