GNG
顎先手術

個人に合わせた顎先の骨切りで
満足度を高める

オンライン相談 症例写真

GNG 顎先手術とは?

  • 顎先が後ろに下がっていたり、長かったり、中に入っている場合等、顎先を改善しようとする場合に行う手術です。 この時、類型別に合わせた手術で顎先を矯正し、満足度の高い手術結果を生むことができます。

GNG 顎先手術長所

Point 1 徹底的な事前検査を行い、
安全で高い効果を出すことができる手術方法決定

顎先手術時、顎の骨の形、神経線の位置によって骨切り方法を変えなければなりません。 その為、個人個人違う顎の形を把握するためには、必ず徹底的な事前検査を行う必要があります。 特に骨切り時、神経線に触れ、損傷させないよう手術前に明確に神経線の位置を把握後、手術計画を立てます。

- 事前診断 -

  • X-Ray

    顎先の垂直、水平の長さの割合、顎のラインの角度、全体的な下あごの形を確認

  • 3D-CT
    検査

    神経線の位置把握

Point 2 顔の形に合う顎先 骨切り法を行い効果 ↑

顎先を改善させる方法は色々ありますが、その中に骨切り法というのがあります。綿密な事前検査を通し、一人一人違う骨の大きさ、 軟部組織、神経線の位置を把握し、Vラインの角度と顎先の幅を減らす手術法です。 手術時、計画した通りに骨切りをするため、一人一人に合わせた顎先のラインを移動させながら、理想的なVラインを完成させます。

長い顎 / 噛み合わせは正常なしゃくれ顎 / 非対称改善

  • T字骨切り

    神経線の位置が比較的上にある場合行う骨切り法

    長さ、幅を減らしやすい

手術方法

  • 逆V字型 骨切り

    神経線の位置が低い場合

    顎先を細長くし、Vライン効果を出しやすい

手術方法

  • 神経線

  • 神経線

  • ㅅ型骨切り

    神経線の位置が低い場合

    多くの顎先縮小が必要ない場合

手術方法

  • 神経線

  • 神経線

顎なし

顎先前進術

顎先を骨切りし、骨を前に出して固定する顎先前進術を行えば、横顔だけではなく正面から見ても全体的に細長い顎ラインが完成します。

  • 骨切り術の様々な方法

    GNGでは、一つの骨切り法だけを行っていません。
    骨切り術には様々な方法があり、また、患者様の状態によって方法を変えることができます。 どの方法が良い悪いというのはありません。患者様の状態により、手術効果をより十分なものにさせる適切な骨切り法を行い、満足のいく結果を生むことができます!

GNG 輪郭整形 1:1 専任システム運用

口腔外科専門医と整形外科専門医の診断で
相談から手術後の管理まで 1:1専任で管理いたします.

相談 3D-CT
X-ray
3D スキャナー

手術プラン 2D, 3D トレーシング
マウンティングシミュレーション
モデル手術

手術前 検診 50種類もの
安心整形
総合検診

手術中の安全管理 麻酔医学科
専門医の安全
麻酔システム

手術後腫れ管理 高圧酸素治療
腫れ管理