GNG
鼻再手術

類型別に分け、審美的+機能的な改善をしながら
満足のいく結果を提供します!

オンライン相談 症例写真

GNG 鼻再手術とは?

1度鼻整形を行ったが、満足できなかったり、プロテーゼに問題が発生したりした場合、再手術を考慮します。 GNGでは、類型別に細かく分け、個人に合わせた手術を行い、満足のいく結果を提供致します。

鼻の再手術は1度目の手術に比べて、難易度が高いため、再手術の経験が豊富で鼻の解剖学的な構造を良く分かっている病院でそれぞれに適した手術を受ければ、二度目の手術の失敗を防ぐことができます。

類型別に細分化し、鼻再手術を行います複雑で難しいケースでも OK

鼻のライン等、
外形的に失敗した場合

プロテーゼ移動、
目立ったプロテーゼ曲がった鼻の再発、
わし鼻再発わし鼻吸収、
その他不満足なライン

鼻の再建が
必要な場合

炎症/壊死、
皮膚を突き破って出たプロテーゼ、
鼻穴構築、鼻柱陥没突出、
変形した鼻

鼻づまりの手術をしたが、
再発したしまった場合

鼻中隔湾曲症手術後、
改善できなかった場合、
合併症が起きた場合

GNG 鼻再手術長所

Point 1 失敗原因を分析し、類型別に細分化し、
解決するため、美しいラインが完成!

GNGでは、再手術前に、しっかり失敗原因を把握、分析し、細かくケースごとに分け、それぞれに合った手術を行います。
その為、鼻のラインが確実に改善でき、再手術の満足度も高めることができます。

手術前

正確な失敗原因を把握、診断

  • 個人のニーズ把握

    医学的な所見や、本人が考える失敗原因、満足できない部分を点検

  • 医学的所見

    先端3D-CT撮影、鼻の電子内視鏡専門医の所見を通し、事前診断を施行

個人個人に合わせた手術計画

鼻のライン等外形的に
失敗してしまった場合

プロテーゼ移動

  • 原因

    人によって鼻の形が違うが、手術時、プロテーゼのデザイン過程で、鼻筋の形と鼻先の位置を一致させることができなかった場合

    筋膜に固く固定しなかった場合

    プロテーゼが移動し、鼻が歪んでしまったり、炎症発生

  • 手術方法

    プロテーゼが筋膜にしっかり密着するように再度デザインや位置を再調整

    炎症が発生した場合、人工プロテーゼ除去後、自己組織と交換

    ノープラント整形へ ▶

目立つプロテーゼ

  • 原因

    顔のバランスを考慮せず、眉間を高くしてしまった場合

    鼻が大きく、鼻の骨を狭くせずに鼻筋を高くした場合

    鼻先まで人工プロテーゼを使用した場合

  • 手術方法

    顔のバランスを考慮し、個人に合わせたプロテーゼと 交換

    鼻が大きい場合、鼻の骨を狭くする

    鼻筋/鼻先で違うプロテーゼ使用(鼻筋は人工プロテーゼ使用、鼻先は自己組織)

曲がった鼻の再発

  • 原因

    鼻中隔が変形した場合

    鼻中隔または鼻が曲がった原因をきちんと解決せずにプロテーゼを挿入した場合

  • 手術方法

    プロテーゼを除去し、再度、最初の手術と同じように曲がった鼻の矯正を行う。

    曲がった鼻整形へ ▶

わし鼻再発

  • 原因

    わし鼻手術時に削った軟骨が再度出てきた場合

    最初の手術時に改善が不十分だった場合

  • 手術方法

    1次手術と同じく、再発したわし鼻の度合いにより鼻先を高くしたり、わし鼻を再度除去します。

    わし鼻整形へ ▶

わし鼻吸収

  • 原因

    わし鼻を覆った真皮組織が吸収し、わし鼻がまた目立ってしまった場合

  • 手術方法

    吸収が問題の場合、必ずプロテーゼを交換しなければなりません。

その他不満足

  • 原因

    鼻のラインが気に入らない場合

    鼻が高すぎたり、低すぎたり、鼻先のラインが綺麗ではない場合等

    手術方法

    既存のプロテーゼを除去後、顔に似合う理想的な鼻のラインを探し全体的な鼻の形を再度作ります。

鼻の再建が必要な場合

  • 原因

    炎症/壊死、皮膚を突き破って出たプロテーゼ、鼻の穴の構築、鼻柱陥没/突出、変形した鼻

  • 手術方法

    単純な鼻の再手術と違うため、同じ手術方で手術した場合、再発する可能性が高いです。このような場合、鼻再建が必要です。

6ヶ月待つことなく早期再建が可能な

GNG 拘縮鼻再建術

詳しく見る

鼻づまり手術をしたが、再発してしまった場合

  • 原因

    鼻中隔湾曲症、ビベルブ手術後改善されなかった場合、合併症が起きた場合

  • 手術方法

    先端設備を活用し、原因をきちんと把握しそれに合った手術を通して明確な再矯正を行い、2次再発を防ぎます。

明確な原因を分析し、部位を把握し、改善する

GNG 鼻づまり再手術

  • 再手術前

    手術後

  • 再手術前

    手術後

手術後管理

専門的な手術後管理で回復を早く!

  • 高圧酸素治療、LED光線治療

    再手術後 鼻の炎症防止効果!

    既に損傷した皮膚と鼻の再手術時に増えた皮膚は血液循環が落ち、炎症が起きる確立が高くなります。 GNGでは、高圧酸素治療、LED光線治療を通し、血液循環が円滑になるようにしてくれるため、炎症再発の確立をかなり低めてくれます。

  • 栄養注射

    免疫力を強化させ、早い回復効果!

    高濃縮混合栄養素の中には、抗酸化剤である、核酸の細胞が存在しますが、これは新陳代謝を 活性化させる成分で、 栄養物質の均衡を保ち、免疫力を増加させる役割を果たします。静脈注射を通して、体に直接供給するため早い回復効果があります。

Point 2 再手術後 鼻づまりまで予防

1次手術後、鼻づまりを訴える方たちがいます。 その為、再手術するのをためらう方たちがいますが、GNG では、再手術後に鼻づまりの予防が可能なため機能的にも完成度の高い手術をすることができます。

1次 鼻整形後 鼻づまりが発生する理由

01 手術後、
一時的に鼻の内側の粘膜が
腫れた場合

02 鼻中隔採取で
鼻中隔が弱くなり
曲がった場合

03 鼻中隔延長手術で
鼻中隔が
厚くなった場合

04 両側の
鼻翼軟骨が
弱くなり狭くなった場合

GNGだけの鼻整形後 鼻詰まり予防法

  • 手術前様々な精密検査で
    鼻づまりの適切な治療を同時進行

  • 手術中耳鼻咽喉科内視鏡検査を通し、
    鼻づまり予防

  • 鼻中隔採取時、GNGの技術力で最小の切開。
    鼻中隔延長時の鼻中隔の重なる部分最小化

Point 3 鼻整形再手術 4,770例、単一病院国内上位水準

鼻の再手術は高難度手術なため、その分長い期間鼻の手術について研究し、
数多い経験と良い経過を保有した耳鼻咽喉科専門医が執刀する病院を選択することが重要です。
GNGは、鼻整形再手術の単一病院国内上位水準の事例を保有する病院で、安全で、満足のいく結果を提供する手術を行っています。