GNG
鼻づまり再手術

鼻づまり手術をしたが、再発し
また鼻づまりが起きた場合に行う

オンライン相談 症例写真

GNG 鼻づまり再手術とは?

過去、鼻づまりによって鼻中隔湾曲症、鼻炎、ビベルブ手術をしたが、改善されず再度鼻づまりが起きた場合、再手術が必要です。 この時、二度と再発しないように手術することが重要ですが、高難度手術なため、病院選択時に数年間の経験がある、耳鼻咽喉科の専門医が執刀するところなのか、安全装備などが 揃っているところなのかを丁寧に見比べなければなりません。

鼻づまり再手術 種類

GNG 鼻づまり再手術長所

Point 1 失敗原因分析

明確な失敗原因を分析するため、大学病院で使用している装備を活用し、精密検査を行います。

失敗原因の分
析が必要な理由

改善がされなかった原因を探し、早く矯正をするため

改善されなければならない部位以外の違
う部位が矯正されているのではないか確認するため

Point 2 再発を防ぐ手術施行

1次手術のときの問題点を精密検査を通し、把握するだけではなく、経験が多い専門医が施術すれば、後遺症を防止することができます。 GNGでは、鼻の解剖学的な知識を良く理解しており、熟練されたノウハウを持つ耳鼻咽喉科の専門医が直接手術を行います。

  • 鼻中隔湾曲症 手術

    • 鼻中隔湾曲症手術後、再発した場合

    • 最初の手術時改善がほぼされなかった場合

  • 鼻中隔湾曲症 再建

    • ビベルブが原因の患者様に鼻中隔矯正術のみ行った場合、再建が必要

    • 最初の鼻整形時、鼻中隔採取で鼻中隔が弱くなり曲がった場合

  • ビベルブ狭窄

    • 最初の手術時、ビベルブ改善できなかった

    • ビベルブ狭窄改善が不十分だった場合

  • 鼻炎

    • 鼻炎再発した場合

  • 鼻炎手術後の合併症

    • 鼻炎手術時、下鼻甲介を多く除去してしまいエンプティーノーズ症候群が発生した場合

  • 安心して手術を受けてください!

    全手術室陽圧システム運営

    陽圧手術室とは?

    手術室外部の空気が内部に入って来ないように遮断します。

    なので、手術室外部の汚染された細菌が内部に
    入ってくることを源泉封鎖できます。
    そのため、メルス、サース、コロナのようなウイルス
    感染などについても心配することなく、
    安全に手術を受けることが可能です。

    直、手術室入室前、空気中の細菌を99.9%
    遮断する無菌エアシャワーシステムを備えており、
    全ての医療器具の滅菌消毒及び徹底した感染管理を通して
    安全に最善を尽くしております。

    こんにちは! 無菌清浄区域GNG病院手術室です。

  • gnghospital